法律家に頼む時効援用の一般的な費用の相場

法律家に頼む時効援用の一般的な費用の相場
法律家に頼む時効援用の一般的な費用の相場

時効の援用は個人的に行うことも可能です。しかし、正確な知識がないと時効の援用を確実に成功させることが難しいのが現状です。そのため、多くの人は法律家に頼んで時効の援用の手続きをしてもらうことが多くなっています。ここでは、時効の援用を使ったことがない人でも簡単にわかるように時効の援用を法律家に依頼する時にかかる費用や特徴、メリット、デメリットについて紹介していきます。

時効の援用を法律家に頼むメリット

時効の援用を法律家に依頼する時には大きなメリットがあります。しかし、法律家に時効の援用を依頼したことがない人は時効の援用を法律家に依頼するメリットがわからないと思います。ここでは、時効の援用を法律家に依頼したことがない人でもわかるように法律家に時効の援用を依頼するメリットについて紹介していきます。

正確な手続きを行うことができる

時効の援用の手続きは簡単ですが書類の作成を正確に行う必要があります。時効の援用では法律で決まった正式なフォーマットがありません。そのため、効力のある書類を作成することが非常に難しくなっています。法律家の場合は書類の作成に関しても正確な知識を用いて書類の作成を行ってくれます。正確な書類の作成をすることで時効の援用が認められる可能性が高くなります。

経験が豊富

時効の援用を行う時には経験が重要になります。債権者との取引や時効援用通知書など経験があることで相手とのトラブルなく手続きを進めることが可能です。法律家の場合は時効の援用を取り扱うことが多いので経験をもとにトラブルなく手続きを進めてもらうことが可能です。また債務者の疑問に思っていることにも的確なアドバイスをくれます。そのため、非常にこころ強い存在になっています。

債権者に見下されない

時効の援用を使う時には債権者と取引を行うことになります。その際にこちらに法律の専門家がついているとわかることで対等な立場で話をしてくれることが多いです。個人で時効の援用の手続きを行うと知識がないと思われ、特に債権者が企業の場合は見下された態度を取られることもあります。この場合、取引にもトラブルが起きることが多いので法律家の名前を借りることができるのも大きなメリットになります。

自分の時間が取られない

時効の援用を法律家に依頼する場合は基本的に債権者との連絡から書類の作成まで全てを代行して行ってもらうことが可能です。すべての手続きを代行してもらうことで自分の時間を取られることがありません。そのため、普段忙しい人や時効の援用に対して専念することができない人は法律家に依頼することで時間の確保という大きなメリットがあります。

時効の援用を法律家に頼むデメリット

時効の援用を法律家に依頼すること時にはメリットだけではありません。時効の援用を法律家に依頼する時には当然デメリットもあります。ここでは、実際に法律家に時効の援用を依頼してわかったデメリットについて簡単に紹介していきます。

お金がかかる

時効の援用を法律家に依頼する時に最大のデメリットはお金がかかることです。時効の援用の依頼代金は誰に依頼するのかでも大きく変わりますが最低でも5万円以上かかることが多いです。そのため、借金で既に資金がほとんどないと言う人には時効の援用を法律家に依頼する時のデメリットが大きいです。

法律家を探す手間がかかる

時効の援用は債務整理の分野になります。この債務整理の分野を専門にしている法律家を探すのには時間がかかります。債務整理の分野は非常に範囲が広く債務分野を得意にしている人でも時効の援用に関しては経験がないと言うこともあります。そのため、時効の援用の経験がある法律家を探すのに時間がかかります。

時効の援用を頼む法律家は?

時効の援用を法律家に依頼することができることについてはわかりました。しかし、法律家と言っても様々な種類の法律家がいます。ここでは、時効の援用を依頼することができる法律家について紹介していきます。

弁護士

弁護士は時効の援用に関する全ての業務を代行することが可能です。また、時効の援用を代行することができる金額に関しても制限がありません。そのため、弁護士は時効の援用を際に使われることが非常に多いです。

行政書士

行政書士の場合は時効の援用をする際にできることができる業務が決まっています。行政書士は時効の援用の際に書類の作成しか行うことができません。そのため、時効の援用の際に一番重要な時効援用通知書の作成の代行を依頼することは可能です。しかし、債権者とのやりとりや書類の提出などに関しては債務者自身で行う必要があります。

司法書士

司法書士の場合は時効の援用の際に必要な手続きを全て代行してもらうことが可能になっています。しかし、弁護士と司法書士では当然違いもあります。時効の援用の場合、弁護士は金額が無制限で時効の援用の代行を依頼することが可能です。司法書士の場合は時効の援用の代行をすることができる金額に制限があります。司法書士の場合は140万円以下の借金でしか時効の援用の代行をすることができません。

弁護士に時効の援用を依頼する

時効の援用を依頼する時には弁護士に依頼することが多いです。ここでは、弁護士に時効の援用を依頼するメリット・デメリットと時効の援用の代行を依頼する料金について紹介していきます。

メリット

弁護士に時効の援用の代行を依頼する最大のメリットは時効の援用の代行を依頼することができる金額に制限がないことです。そのため、高額な借金で時効の援用の代行を依頼しようと思っている場合は弁護士にしか依頼することができません。

デメリット

弁護士に時効の援用の代行を依頼するデメリットは料金が高いことです。弁護士は時効の援用に関して全ての代行をすることが可能です。そのため、他の法律家に比べて依頼の時の料金が高いことがデメリットです。

料金

時効の援用を弁護士に依頼する時は100000円以上という料金設定のところが多いです。しかし、大きな事務所の場合はさらに高額になることもありますし、弁護士の場合最初の相談の段階でお金が必要になることもあります。

行政書士に時効の援用を依頼する

時効の援用を依頼する時には行政書士に依頼することも多いです。ここでは、行政書士に時効の援用を依頼するメリット・デメリットと時効の援用の代行を依頼する料金について紹介していきます。

メリット

行政書士に時効の援用の代行を依頼するメリットは依頼料金が安いことです。行政書士の場合は時効の援用の書類作成の代行しか行うことができません。しかし、その分他の法律家に代行を依頼する場合よりも安い料金で代行をしてもらうことが可能です。

デメリット

行政書士に時効の援用の代行を依頼するデメリットは手続きや連絡などは自分で行う必要があることです。行政書士の場合は時効の援用に必要な書類の作成の代行を依頼することしかできません。そのため、債権者との連絡や債権者に対して時効の援用の使用を宣言する時は自分で行う必要があります。

料金

時効の援用を行政書士に依頼する時は50000円以上という料金設定のところが多いです。しかし、大きな事務所ではなく個人的に業務を請け負っているような人の場合は30000円ほどで代行の依頼をすることができることもあります。
また、借金の数によって金額が変わるところが多いようです

司法書士に時効の援用を依頼する

時効の援用を依頼する時には司法書士に依頼することも多いです。ここでは、司法書士に時効の援用を依頼するメリット・デメリットと時効の援用の代行を依頼する料金について紹介していきます。

メリット

時効の援用に必要な取引を全て代行してもらうことができるのが時効の援用の代行を司法書士に依頼するメリットです。

デメリット

司法書士に時効の援用の代行の依頼をする時のデメリットは140万円以下のものでしか時効の援用の代行を依頼できないと言うことです。そのため、借金の金額が140万円を超える場合は司法書士ではなく弁護士に依頼する必要があります。

料金

時効の援用を行政書士に依頼する時は40000円以上という料金設定のところが多いです。しかし、大きな事務所ではなく個人的に業務を請け負っているような人の場合は30000円ほどで代行の依頼をすることができることもあります。

まとめ

時効の援用は法律家に代行を依頼することで簡単に時効の援用の手続きを完了させることが可能になります。しかし、同じ法律家でも資格によって時効の援用の代行の時に依頼できることが異なります。そのため、時効の援用の代行を法律家に依頼しようと思っている場合には自分の借金の金額や何を代行してもらいたいのかを明確にした上で依頼するようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アーカイブ