指定信用情報機関のCICでの情報開示の方法

指定信用情報機関のCICでの情報開示の方法
指定信用情報機関のCICでの情報開示の方法

CICでは個人的に信用情報について調べることが可能になっています。しかし、信用情報を個人的に調べたことがない人も多いと思います。ここでは、個人的にCICの信用情報を調べる方法について紹介していきます。特に、CICの信用情報はクレジットカードの作成の際に使われることが多くなっています。そのため、クレジットカードを新規に作成しようと思っている人がCICの信用情報について知っておくといいでしょう。

CICとは?

CICと聞いてもわからない人も多いと思います。CICは指定信用情報機関のことを指したものです。ここでは、CICについて詳しくない人でも簡単にわかるように紹介していきます。

消費者の支払い管理能力を保証

CICは消費者の支払い管理能力を保証する機関になっています。そのため、ローンなどを組む時には支払い管理能力が非常に重要になるのでこのCICの情報をもとに貸し出しの許可を取ることが多くなっています。特に、銀行の場合はCICの情報も確認して融資の許可を出しているところも多くなっています。

ブラックリストを管理

CICはブラックリストと言われるものを管理しているところになります。ブラックリストは信用情報会社によって個々に作成されています。そのため、CICでもブラックリストを作成しています。しかし、CICのブラックリストは他に信用情報機関のブラックリストに比べると掲載されることが少ないのが特徴です。

主な対象

CICの信用情報を使っているのは消費者金融やクレジットカード会社、信用保証会社などになっています。これらの場合はCICの信用情報を使って利用者の返済能力の有無を測っています。以下の会社がCICの信用情報を使っている主な会社になります。

 UC(クレディセゾン)
 JCB
 三井住友カード(一部カード)
 三菱UFJニコス
 三菱東京UFJ
 アメリカン・エキスプレス
 ダイナース
 シティバンクカード
 TSBキャピタル
 VIEWカード
 クオークカード
 オリエントコーポレーション
 JACCS
 ライフ
 セントラルファイナンス
 楽天
 アプラス
 ソニーファイナンス
 クレディセゾン
 NTTグループカード
 イオンカード
 ポケットカード
 ファミマカード
 東急TOPカード
 アコム
 プロミス

ブラックリストの掲載期間

CICの場合は自己破産の時のみしか基本的にブラックリストに掲載されることがありません。そのため、他の信用情報機関に比べるとブラックリストに掲載されてしまう可能性は少なくなっています。

CICで確認できる情報

CICに問い合わせを行うことで確認をすることができる情報というものは事前に決まっています。そのため、CICに問い合わせても確認できる情報を事前に知っておく必要があります。ここでは、CICに問い合わせを行うことで確認をすることができる情報について紹介していきます。

申し込み情報

CICに問い合わせを行うことで申し込み情報を知ることができます。申し込み情報とはクレジットカードの作成履歴や借入状況のことです。

情報項目

①ご本人を識別するための情報
氏名、生年月日、郵便番号、電話番号等
②お申込み内容に関する情報
照会日、商品名、契約予定額、支払予定回数、照会会社名等

クレジット情報

CICに問い合わせを行うことでクレジット情報を知ることができます。クレジット情報で過去にした契約の状況や返済状況などについて知ることが可能になっています。

情報項目

①ご本人を識別するための情報
氏名、生年月日、性別、郵便番号、住所、電話番号、勤務先名、勤務先電話番号、公的資料番号等
②ご契約内容に関する情報
契約日、契約の種類、商品名、支払回数、契約額(極度額)、契約終了予定日、登録会社名等
③お支払状況に関する情報
報告日、残債額、請求額、入金額、入金履歴、異動(延滞・保証履行・破産)の有無、異動発生日、延滞解消日、終了状況等
④割賦販売法対象商品のお支払状況に関する情報
割賦残債額、年間請求予定額、遅延有無等
⑤貸金業法対象商品のお支払状況に関する情報
確定日、貸付日、出金額、残高、遅延の有無等

利用記録

CICに問い合わせを行うことで利用記録を知ることができます。利用記録とはクレジットやローンの利用途上における支払能力を調査するなどのため、加盟会員が照会した事実を表す記録のことです。CICに問い合わせを行うことでこの利用記録を調べることが可能です。

情報項目

①ご本人を識別するための情報
氏名、生年月日、郵便番号、電話番号等
②利用した事実に関する情報
利用日、利用目的、利用会社名等

パソコンでの開示方法

CICへの問い合わせはパソコンでも行うことが可能になっています。パソコンでの開示の流れは以下のようになっています。

①クレジットカードに登録している番号で受付番号の取得

②受付番号と必要な情報を入力

③開示報告書の開示

スマートフォンでの開示方法

CICへの問い合わせはスマートフォンでも行うことが可能になっています。スマートフォンでの開示の流れは以下のようになっています。

①クレジットカードに登録している番号で受付番号の取得

②受付番号と必要な情報を入力

③パスワードを入力して開示報告書の開示

郵送での開示方法

CICへの問い合わせは郵送でも行うことが可能になっています。郵送での開示の流れは以下のようになっています。

①必要書類をご用意
必要書類は、お申込み者によって異なります

②手数料(1,000円)を用意
(ゆうちょ銀行の定額小為替証書を用意ください)

③「必要書類」と「手数料」をCICへ郵送

④開示報告書のご到着

CICで利用することができるクレジットカードの種類

株式会社イオン銀行
株式会社エポスカード
株式会社オリエントコーポレーション
株式会社クレディセゾン
三井住友トラストクラブ株式会社
※ダイナースクラブカードに限ります。
株式会社ジェーシービー
※株式会社ジェーシービーが発行元のカードに限ります。
株式会社ジャックス
株式会社セディナ
トヨタファイナンス株式会社
三井住友カード株式会社
三菱UFJニコス株式会社
ユーシーカード株式会社
ライフカード株式会社

情報開示方法ごとの情報

ここでは、CICに対して情報の開示を行ったがない人でも開示方法ごとの特徴や情報などについて簡単に紹介していきたいと思います。

パソコン・スマートフォンでの情報開示

特徴

全国どこからでもご都合に応じて、ご自宅のパソコンやスマートフォンの画面上で回答情報(開示報告書)を即時に確認できます

手数料

クレジットカード一括払い(1,000円)

用意するもの

①インターネットが使える、パソコンまたはスマートフォン
②クレジット等の契約にご利用された発信番号を通知できる電話

利用時間

毎日8:00~21:45

窓口での情報開示

特徴

申込書、本人確認書類、手数料(定額小為替証書)等をお送りいただき、CICに到着後、10日ほどで回答情報(開示報告書)をお送りいたします。

手数料

ゆうちょ銀行で発行の定額小為替証書(1,000円)

用意するもの

①開示申込書
②本人確認書類などの必要書類

利用時間

お申込みより10日程度で開示報告書が到着

情報開示の時の注意点

CICで情報を開示する時には注意点があります。それが自分の情報しか確認することができないということです。信用情報は個人情報の中でもトップクラスに秘匿性の高い情報になります。そのため、信用情報を調べる時には自分の情報しか調べることができません。委任状を渡して他の人に自分の信用情報を調べてもらうということも難しくなっています。そのため、CICで自分の信用情報を調べる時には必ず自分自身で申し込みをして調べるようにしましょう。

まとめ

CICでの情報開示は簡単に行うことが可能になっています。また、CICの場合はスマートフォン、パソコン、郵送で行うことができます。そのため、気になった時にいつでも確認をすることができます。CICで信用情報の開示を行う時には今回の記事を参考にして信用情報の開示を行うようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アーカイブ