もしかしてブラック?クレジットカードに通らない意外と知らない審査落ちの理由

意外と知らない審査落ちの理由の1つ?申し込みブラックとは
意外と知らない審査落ちの理由の1つ?申し込みブラックとは

クレジットカードの新規発行を申し込んでも審査に通過しないこともあると思います。クレジットカードの審査に申し込んでも通過しない大きな理由はブラックリストに掲載されていることが大きな原因です。しかし、この他にも申し込みブラックという状況に陥っている可能性もあります。ここでは、クレジットカードの申し込みの際に陥りやすい申し込みブラックという状況について知らない人でも簡単にわかるように紹介していきます。

クレジットカードの審査に落ちる理由

クレジットカードの審査に落ちる時には様々な理由があります。そのため、ここでは最初にクレジットカードの審査に落ちてしまう可能性がある状況について解説していきます。

収入が低い

クレジットカードの審査に落ちてしまう大きな原因は収入が低いことにあります。クレジットカードもローンの一種なのでクレジットカードの発行会社も申し込み者の収入などを元にクレジットカードの発行可否を決めることになります。そのため、収入が低い人はクレジットカードの利用額の返済能力がないとみなされてしまいクレジットカードを発行することができないことが多いです。

ブラックリストに載っている

ブラックリストに掲載されている人もクレジットカードを新規に発行することができません。特に、クレジットカードに関してはブラックリストなど個人の信用情報に基づいたクレジットカードの発行可否を行います。そのため、ブラックリストに掲載されている人はクレジットカードを発行することができない可能性が非常に高くなっています。

多重申し込み

多重申し込みと言われる状況にいる人もクレジットカードを新規に発行することができない可能性が高くなっています。この多重申し込みと言われる状況がいわゆる申し込みブラックと言われる状況になります。そのため、複数のクレジットカード会社に対して同時に新規発行の申し込みをしている人はクレジットカードを新規発行することができない可能性が高いです。

はじめてクレジットカードを作る

初めてクレジットカードを発行する人もクレジットカードの審査に通過しないことが多くなっています。クレジットカードは個人の信用情報を元にクレジットカードの発行可否を決定します。そのため、今までクレジットカードを発行したことがなく信用情報に何にも情報がない人はクレジットカードを新規発行することができないことが多くなっています。

勤続年数が短い

クレジットカードを新規発行する際にクレジットカードの発行会社は個人に対して返済能力があるのかを元に判断します。その審査の際に、勤続年数が短いと審査に通過しないことが多くなっています。特に、勤続年数が短いと収入を継続的にもらうことができる見込みがないと判断されてクレジットカードを新規発行することができない場合が多いです。

再申し込み・再審査の間隔が短い

申し込みの間隔が短いと信用情報に傷がついてしまいクレジットカードの新規発行をすることができないことがほとんどです。特に、審査に何回も落ちていて再審査を申し込んでいるとクレジットカードの新規発行をすることができないです。

身分が学生、専業主婦である

クレジットカードは基本的に返済能力のある人にしか新規のクレジットカードの発行を許可しません。そのため、身分が学生の場合や専業主婦の場合はクレジットカードの審査に通過しないことが多いです。特に、家族と同居していない学生の人は返済することができる可能性が低いとみなされてクレジットカードの新規発行をすることができないことが非常に多くなっています。

借金がある

クレジットカードの発行をする時には信用情報を参照することになります。この信用情報には借金の記録やローンの状況なども記載されています。そのため、借金が多く返済ができていない状況にある人はクレジットカードを新規発行することができない可能性が非常に高くなっています。

住所確認ができない

クレジットカードの新規発行をする際には住所などの情報を記載することになります。また、クレジットカードではカードの発行の際に実際に記載されている住所に住んでいるのか確認する意味も込めて在籍確認を行うことになります。在籍確認を行うことができないとクレジットカードの新規発行をすることはできなくなっています。

記載ミス

申し込みの際の書類に記載ミスがある場合もクレジットカードの新規発行をすることができない可能性が高くなっています。特に、住所や名前など重要な部分の記載ミスがあると確実にクレジットカードの新規発行をすることはできなくなっています。そのため、クレジットカードを新規発行する際には記載ミスがないか確認してから書類の提出を行うようにしましょう。

年金受給額が低い

クレジットカードは年金受給者でも新規に発行することが可能になっています。しかし、年金受給者の場合は年金の金額によってクレジットカードの新規発行ができるか決まります。また、年金受給者の場合は毎月の年金受給額よりも多くの金額をショッピング枠に設定することができなくなっていることが多いです。

申し込みブラックとは?

クレジットカードの審査の際には申し込みブラックと言われる状況に陥ることがあります。しかし、クレジットカードを申し込んだことがある人でも申し込みブラックと言われる状況について知らない人も多いと思います。申し込みブラックとは審査の際にブラックリストなどに掲載されているわけでもないにもかかわらずクレジットカードの新規発行をすることができない状況のことになります。

申し込みブラックの状態になる条件

申し込みブラックの状態になってしまうのはどのような時なのでしょうか?ここでは、申し込みブラックの状態になってしまう条件について紹介していきます。

複数の会社に同時に申し込み

複数のクレジットカード発行会社に対して同時期に新規のクレジットカードの発行申請をしてしまうと申し込みブラックの状態に陥ってしまうことが多いです。クレジットカードの発行会社は信用情報を元に申し込み状況について確認することは可能になっています。そのため、複数のクレジットカード発行会社に対して同時期に申し込みをしてしまうとクレジットカードを新規発行することができない可能性があることを確認しておきましょう。

短期間の間に申し込み

短期間の間に何度も申し込みをしていると申し込みブラックの状態に陥ってしまうことが多くなっています。特に、審査に落ちているにもかかわらず何度も申し込みを行ってしまうとよっぽどお金に対して余裕がないと思われてしまいクレジットカードの新規発行をすることができないことが多いです。そのため、何度もクレジットカードの新規発行の申請をしている人は気を付けるようにしましょう。

大まかな条件

申し込みブラックになってしまう大まかな条件は以下のようになっています。
・1ヶ月に3回以上のクレジットカードの新規発行の申し込み
・同時期に3社以上にクレジットカード発行会社に対する新規申し込み

申し込みブラックの状態を解消するためには?

申し込みブラックの状態をどのようにしたら解消することができるようになるのでしょうか?申し込みブラックの状態は自分の意識次第で簡単に解消することが可能になっています。ここでは、申し込みブラックの状態を解消するために必要なことについて紹介していきたいと思います。

複数の会社に同時に申し込みをしない

複数のクレジットカード発行会社に対して同時にクレジットカードの申し込みを行ってしまうと申し込みブラックの状態になってしまう可能性が高くなっています。そのため、申し込みブラックの状態にならないようにするためには複数のクレジットカード発行会社に対して同時に新規発行をしないようにしましょう。

返済能力を証明

返済能力がないと判断されて申し込みブラックの状態になることが非常に多くなっています。そのため、クレジットカードを発行する際には自分の返済能力の証明や余裕を証明することを意識しましょう。

まとめ

クレジットカードを新規発行する際には自分が申し込みブラックの状態にあるかを確認する必要があります。また、自分がクレジットカードを持つためにふさわしい人間であると証明することも重要になります。申し込みブラックの状態に関しては信用情報でブラックリストに掲載される時よりも簡単に解消することができます。そのため、申し込みブラックの状態になってしまったら自分で解消することができることを覚えておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アーカイブ