ブラックリストから消せる?時効の援用について徹底紹介

ブラックリストから消せる?時効の援用について徹底紹介
ブラックリストから消せる?時効の援用について徹底紹介

借金をしたことがある人は時効の援用について聞いたことがある人もいるのではないでしょうか?時効の援用を使うことで自分の借金を消すことができるというふうに聞いている人も多いと思います。しかし、時効の援用とは本当にそのような夢のような制度なのでしょうか。ここでは、時効の援用について知らない人でも簡単に時効の援用についてわかるように紹介していきます。

時効の援用とは?

時効の援用とはどのような制度なのでしょうか?また、時効の援用を行うことでどのようなメリットがあるのでしょうか?ここでは、時効の援用を使うことでできることや時効の援用とはそもそもどのような制度なのかについて紹介していきます。

借金をなくすことができる

時効の援用を使うことで借金をなくすことができるというのは間違いではありません。しかし、これは借金をしている記録がなくなるのではなく借金を完全に返済したということになります。時効の援用は使うことで借金をした事実をなくすことができるのではなく、時効の援用を使うことで借金を完済したという風に変更されます。これが時効の援用の仕組みになっています。

誰にでも権利がある

時効の援用は誰にでも使うことができる仕組みになっています。時効の援用は借金をしている人に向けた制度になっています。そのため、現在借金をしている人なら使うことができる可能性があります。しかし、債権者の方が時効の援用に対して対策をしている場合は時効の援用を使うことができません。

ブラックリストにも載らない

時効の援用を使うことでブラックリストから削除されることがあります。基本的に時効の援用を使うことができる状況に陥っている人はブラックリストに掲載されている人が多くなっています。しかし、時効の援用を使うことで借金を完全に返済したことになります。そのため、ブラックリストからは削除されることになります。しかし、状況によっては借金を遅れて完済したとみなされて一定の期間ブラックリストに掲載されてしまう可能性もあります。

自分で手続きしないといけない

時効の援用に関しては期間が来れば自動的に適応されるわけではありません。時効の援用を使うために自分で時効の援用を使うことを宣言しなくてはいけません。また、時効の援用に関しては使うことができない条件というものも設定されています。そのため、時効の援用を使う時には使うことができる条件や使うための条件を確認してから利用するようにしましょう。

銀行などでは時効の援用ができないことが大半

時効の援用は債権者の隙をついたものになります。そのため、銀行などお金を貸すことを専門に行っているところでは時効の援用を成立させないように対策をしていることがほとんどです。そのため、時効の援用を宣言しても対策を取られることがほとんどです。

時効の援用が成立する条件

時効の援用を成立させるためには条件を満たしておく必要があります。時効の援用に関しては借金をなくすものになっているので利用者ではなく債権者に有利な条件になっています。そのため、時効の援用を使うことができる条件下にあるということはそうそうないということも認識しておきましょう。ここでは、時効の援用を使うことができる条件について紹介していきます。

取引終了から5年が経過

時効の援用を使うことができる条件は取引の終了後5年以上経過しているものです。この時の取引終了時期というのは書類上での返済期限のことになります。2020年1月が返済期限の場合、時効の援用を使うことができるようになるのは2025年2月からになります。取引終了から5年が経過していない借金に関しては時効の援用を使うことができません。

裁判の対象になっていない

時効の援用を使う際には自分が債権者から訴えられていないことが条件になります。債権者によって利用者が訴えられている時は時効の援用の宣言を行うことができません。時効の援用に関してはあくまでも債権者から音沙汰がない時に限られています。

借金を認知していない

時効の援用を使う時には自分が借金を認知していないということが重要になります。そのため、時効の援用を使う時には自分の借金について認めてはいけません。あくまでも時効の援用は自分の身に関係ないところで借金の疑いがかけられているので解消したいというテイストになっています。時効の援用を使う際には絶対に自分の借金について認めてはいけません。認めた時点で時効の援用を使うことができなくなってしまいます。

時効の援用の流れは?

時効の援用を使う時にどのような流れで使えばいいのかわからない人も多いと思います。時効の援用が普段の生活をしている中では使うこともなければ言葉を聞くこともほとんどないと思いなす。そのため、どのように時効の援用を使えばいいのかわからない人が大半だと思います。ここでは、時効の援用の行使の仕方について紹介していきます。

時効援用通知書の作成

時効の援用を使う時には時効援用通知書というものを作成する必要があります。時効援用通知書は時効の援用の使用を宣言するために作成する書類になります。この書類を債権者に送らなくては時効の援用を使うことができません。

内容証明の作成

時効援用通知書は内容証明郵便で送付するようにしましょう。内容証明郵便で送付することで郵便局が時効援用通知書を送付したという事実を保証してくれます。時効援用通知書に関しては時効の援用の使用宣言になるので確実に送付したことを証明する必要があります。

相手からの返信を待つ

時効の援用では相手からの返信が重要になります。時効の援用ではこちらが援用の申請をしたにもかかわらず相手が無視するという状況をつくることが重要です。この状況を作ることで時効の援用を行使することができます。そのため、こちらが送った時効援用通知書に対して相手が何かしらのアクションをとった時点で時効の援用はできなくなります。

時効の援用を使う時に気を付けること

時効の援用を使う時には気をつけなくてはいけないことがあります。特に、時効の援用に慣れている人は少ないと思います。ここでは、時効の援用を使う時に気をつけなくてはいけないことについて紹介していきます。

借金の期限の確認

時効の援用を使う時には時効の契約終了から5年が経過していることが重要になります。そのため、借金の期限を確認することが重要になります。また、借金の時効に関してはしっかり証拠になるように紙面で残っているといいです。紙面で残っていない場合は借金の時効の期限がはっきりしないので時効の援用自体が認められないこともあります。

内容証明で書類を送付する

時効の援用を使う時には内容証明郵便で送付するようにしましょう。内容証明郵便で送付をいない場合は時効援用通知書を送付したことを証明する人がいないので時効の援用が認められないことが多いです。

時効の援用の費用は?

時効の援用を行うためにはいくらくらいに金額がかかるのかわからない人が大半だと思います。時効の援用に関しては自分で全て行うことが可能です。しかし、時効の援用に関しては弁護士に依頼することも可能です。弁護に依頼することで時効の援用に成功する確率が高くなることも多いです。ここでは、時効の援用にかかる費用について紹介していきます。

自分でやる場合

時効の援用を自分で行う場合にかかる費用は基本的に内容証明郵便の費用のみになります。そのため、1000円程度で時効の援用を行うことが可能になっています。自分で時効の援用を行う時にはお金がそんなにかかりませんが時間がかかることになります。

弁護士に頼む場合

時効の援用は自分で行うのではなく弁護士に依頼することで代行してもらうことが可能になっています。弁護士に依頼する時には平均して5万円程度です。弁護士に依頼することで時間をかけることなく時効の援用を使うことができます。また、弁護士に依頼することで個人が時効の援用を行う場合よりも時効の援用の成功率が高くなっています。これは、弁護士の方が時効の援用に関する経験が豊富で対策方法を知っているからです。

まとめ

時効の援用は借金をしている人なら誰でも使うことができる制度になります。しかし、制度の概要や制度の使い方を知らないので時効の援用を使うことができないことも多いです。時効の援用について知りたい人や時効の援用を実際に使いたいと考えている人は今回の記事を参考にして時効の援用を行使するようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アーカイブ