法人でブラック?法人クレジットカード審査が通らない理由

法人でブラック?法人クレジットカード審査が通らない理由
法人でブラック?法人クレジットカード審査が通らない理由

法人クレジットカードを作る時に審査に通らないことがあります。特に、法人カードの審査に通らないことは非常におおきな問題になります。法人クレジットカードは取引や経費の整理など様々な場面で使われることになるからです。また、法人カードの作成にはブラックリストが関係していることもあります。ここでは、法人クレジットカードを作ることができない時の原因や解決方法について紹介していきます。

ブラックリストとは?

ブラックリストという言葉を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか?特に、ブラックリストと聞くとマイナスのイメージを持つ人も多いと思います。しかし、ブラックリストに掲載されてしまうことでどのような問題があるのか、ブラックリストに掲載されてしまうことで何ができなくなってしまうのか知らない人も多いと思います。ここでは、ブラックリストに掲載されたことがない人でもわかるようにブラックリストに掲載されてしまうことで起こる問題やできなくなってしまうことについて紹介していきます。

信用情報に傷

ブラックリストは信用情報に傷がついている状態のことを指します。信用情報は日本全国で使われているもので個人の信用を測るための指標になっています。この信用情報に傷がついていることでお金関係のことではできないことが多くなっています。特に、借金などの信用してお金を貸すというサービスは受けることができないことがほとんどです。

ローンを組むことができない

ブラックリストに掲載されることでローンを組むことができなくなっています。ローンを組む際には確実に信用情報が必要になります。また、貸金業者や銀行は信用情報に傷がある人に対してローンを組ませることはしません。これは、信用が低い人に対してお金を貸すことで貸し倒れをされてしまう可能性があるからです。ブラックリストに掲載されている人はローンを組むことができないことがあることもしっかり理解しておきましょう。

クレジットカードを作ることができない

ブラックリストに掲載されてしまうとクレジットカードを作ることができなくなっています。クレジットカードを作るためにはカード発行会社に信用される必要があります。しかし、クレジットカード発行会社は個人の信用度を測るために信用情報を使用することになります。この信用情報がブラックリストに掲載されてしまうと低評価になり、信用が全くない状態になります。そのため、ブラックリストに掲載されているとクレジットカードを作ることができなくなっています。

法人クレジットカードとは

法人クレジットカードについて知らない人も多いと思います。特に、主婦や学生などは法人クレジットカードを作成する機会もないのでわからないことも多いと思います。ここでは、法人クレジットカードについて紹介していきます。

経理を簡潔に

法人クレジットカードを作ることで経理を簡単にすることが可能になっています。法人クレジットカードを作成することで今までは別々に行っていた経理を一括で管理することが可能になるので非常に経理が楽になります。そのため、法人クレジットカードを積極的に社員に渡すという会社も多くなっています。

個人事業主も作れる

法人クレジットカードと聞くと法人しか作ることができないと思っている人も多いと思います。確かに法人クレジットカードに関しては法人をターゲットにしているクレジットカードです。しかし、個人事業主の人でも法人カードを作ることが可能になっています。しかし、個人事業主の法人クレジットカード作成はどこの会社でも認めているわけではないので事前に確認をするようにしましょう。

信用情報は関係なし

法人クレジットカードに関しては基本的に個人の信用情報が関係ないことが多くなっています。法人クレジットカードに関しては個人の口座ではなく法人の口座から引き落とされることになります。そのため、信用情報に傷がついているブラックリスト掲載者でも比較的簡単にクレジットカードを作ることができます。

法人カードが作れない時は?

法人クレジットカードは必ず作ることができるわけではなく個人用のクレジットカードと同様に審査に通過せずにクレジットカードの作成ができないこともあります。ここでは、法人クレジットカードを作成することができない時の原因について紹介していきます。

会社設立からの年数が少ない

会社設立から年数が経っていない会社の場合は法人クレジットカードの作成が認められないことがあります。法人クレジットカードは基本的に会社設立をしたら作成することが可能です。しかし、会社設立年数が浅い場合は法人クレジットカードを作成することができない可能性があることも意識しておきましょう。

代表者がブラックリスト掲載者

法人クレジットカードを作成する時には法人の代表者の信用情報を元に判断することもあります。そのため、法人の代表者の信用情報に傷があり、ブラックリストに掲載されている場合は法人カードを作成することができないこともあります。また、個人事業主の場合は信用情報が審査に直結することになります。そのため、ブラックリストに掲載されていると確実にクレジットカードを作ることができません。

赤字決算になっている

赤字決算になっている場合も法人クレジットカードを作成することができない場合が多いです。法人クレジットカードは会社のことを信用して発行をするものになります。そのため、法人が赤字決算の場合は返済できる保証がないので法人クレジットカードを作ることができないことが多いです。

過去にカード発行会社とトラブルを起こしている

過去に法人とクレジットカード発行会社の間でトラブルを起こしている時は法人クレジットカードを発行できないことが多いです。特に、法人クレジットカードに関しては発行会社が信用情報の精査を行うので会社同士の関係も重要になります。

法人カードを作る時のポイント

法人クレジットカードを作成する時には意識しておきたいポイントがあります。ここでは、法人クレジットカードを作成する時のポイントを紹介していきます。

電話回線を引く

法人クレジットカードを作成する時には信用を得ることが非常に重要になります。日本では今でも電話回線や電話番号によって会社の信頼度を測る風潮があります。そのため、確実に法人クレジットカードを作成したいなら電話回線を会社に引いておくといいでしょう。

ホームページの作成

ホームページの作成も非常に有効です。ホームページがしっかりしている企業はしっかりしている企業であるという印象を与えることが多いです。また、クレジットカード発行会社の担当者は100パーセント申し込み会社のホームページを閲覧すると思ってもらって大丈夫です。

取引先の提示

取引先の提示も有効です。大きな企業が取引先にある場合はその取引先の名前を出すことで会社の信用になることもあります。また、おおきな取引先が何社かあることを示すことでいきなり赤字に転落するリスクも少ないということを示すこともできます。

融資の実績を作る

法人クレジットカードを作ることができない時には融資の実績を提示するのも有効です。融資をされる企業であるということを示すことで会社の信用をあげることが可能になっています。特に、メガバンクなどの規模の大きな銀行からの融資実績がある場合は信用に直結することが多くなっています。

社会的に有名なサービスを作成する

会社の信用を得ることができずに法人クレジットカードを作成することができない場合は社会的に有名なサービスを作成するのも一つの手です。これは、難しいかもしれませんが会社の名前は有名ではないが会社の開発するサービスが世間的に有名であるという例は非常に多いです。このような会社の場合は知名度の面から一度は信用を得ることができなくともサービスの紹介をすることで法人クレジットカードを作成することができます。

まとめ

法人クレジットカードについて知らないことも多いと思います。特に、法人カードは一般人には関わりがないことも多いです。法人クレジットカードでは個人用にクレジットカード作成で使われる信用情報を使うことがありません。しかし、法人クレジットカードではカードの発行会社が独自にクレジットカードの発行の審査を行うことが一般的です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アーカイブ