ブラックリストだからといって闇金を利用するのは絶対にだめ

ブラックリストに掲載されていても闇金は絶対にだめ
ブラックリストに掲載されていても闇金は絶対にだめ

ブラックリストに掲載されてしまうと貸金業者や銀行などからお金を借りることができなくなってしまうことは有名です。しかし、ブラックリストに掲載されてしまった人がどうしてもお金の必要な状況になってしまったらどうするのでしょうか?一番多いのが正式な貸金業者ではなく闇金など違法な貸金業者にお金を借りるようになることです。違法な貸金業者からお金を借りることで一時的なお金は用意することが可能になっています。そして、このように闇金でお金を借りるしか手段がなく借りてしまう人は多いと思います。ここでは、ブラックリストに掲載されてしまったから闇金に行ってお金を借りてしまうことの危険性について紹介していきます。

ブラックリストに載ると

ブラックリストに載ってしまうことで何ができなくなるのかいまいち分からない人も多いと思います。ブラックリストに載ってしまうことでできなくなってしまうことは非常に多くなっています。特に、ブラックリストに載ることでできなくなることは生活に直結するものが多いです。ここでは、ブラックリストに載ってしまうことでできなくなることについて簡単に紹介していきます。

クレジットカードを作れない

ブラックリストに載ってしまうことでクレジットカードを作ることができなくなります。クレジットカードを作る時には信用情報を元に作成の可否を決定しています。そのため、クレジットカードはブラックリストに載ってしまうことで作ることができなくなります。また、現在使っているクレジットカードに関しても使うことができなくなってしまう可能性もあります。

ローンを組めない

ブラックリストは信用情報に傷がついている状態のことを指します。そのため、銀行や消費者金融などでローンを組むことができなくなっています。また、そのほかにも車を購入する際にもローンを組むことができなくなっています。電気量販店などのお店独自のローンに関しても組むことができなくなっています。基本的にローンと名前が付くものに関しては信用情報を元に可否を判断しているのでほぼほぼ確実に組むことができなくなっています。

信用を得ることができない

信用情報に関しては金融機関のみではなく他のところでも使われることがあります。また、ブラックリストに載っているという事実だけで信用を失うこともあります。この際の信用とは社会的な信用のことです。

保証人になることができない

ブラックリストに載ってしまうと保証人になることができなくなっています。保証人になるためには保証人自体の信用情報が綺麗な状態である必要があります。そのため、保証人自体の信用情報に傷がついている状態であるブラックリスト掲載者に関しては保証人になることができません。

返済後も一定期間制限がある

ブラックリストに載ってしまうと借金の返済後も一定期間の間がブラックリストに載っていたという事実を消すことができません。そのため、ブラックリストの一回掲載されてしまうと少なくても数年の間はローンを組むことやクレジットカードを作成することができなくなっています。特に、信用情報の管理会社によっては借金の返済後5年間はブラックリストに載っているのと同じ状態になるものもあります。

携帯を購入することができない

最近問題になっているのが携帯やスマホの購入です。スマホなどを携帯ショップで購入する時には本体代金を分割にして購入することが多いと思います。スマホを分割にして購入する際にも信用情報を使うことになります。信用情報を使うことでブラックリストに載ってしまっている状態だと分割購入をすることができなくなっています。特に、スマホに関しては一括で購入すると数万円かかることがほとんどなので新しいスマホを購入することができる可能性は少なくなるということができます。

闇金はブラックリストに掲載されても使える理由

ブラックリストに掲載されていると正規の金融機関ではローンや借金をすることができなくなっています。ここで、重要なのが正規の金融機関ということです。正規の金融機関とはいわゆる国にしっかり貸金業者として登録をしている業者のことになります。しかし、日本には国に届けを出していない違法な貸金業者もあります。これが闇金と言われるものになります。闇金は国に正式に貸金業者として登録していないのでブラックリストに掲載されていてもローンや借金をすることができます。ここでは、闇金がブラックリストに掲載されていても使うことができる理由について紹介していきます。

正式な貸金業者ではない

闇金は先ほども言ったように正式な貸金業者ではありません。また、闇金は国に正式な登録をしていないことが多いです。そのため、闇金では利用者の情報を取得することができる手段がないのでブラックリストに載っていても使うことはできます。また、闇金の場合は自分たちの情報収集手段に対して自信を持っていることが多いです。闇金の場合は個人情報を元に必ずお金を回収することができる手段を持っています。

信用情報を使っていない

闇金の多くは信用情報を使っていないことが多いです。正確に言えば闇金の多くは信用情報を使うことができる権利を持っていないので使いたくても使うことができないです。信用情報を使うことができるのはある程度国に認められた機関や会社のみになります。そのため、闇金は信用情報を使うことができず結果的に信用情報のブラックリストに載っていても利用することができるということになります。

闇金を使うと起こること

ブラックリストの掲載されてしまったために闇金を使わなくてはいけないこともあると思います。しかし、闇金を使うことでどのような問題が起こるのかわからない人も多いと思います。闇金を使うことで多くの問題が発生することは事実です。ここでは、闇金を使うことで起こる可能性がある問題について紹介していきます。

取り立てが厳しい

闇金の場合は正規の貸金業者に比べて取り立てが厳しいことで有名です。闇金の取り立ては自宅のみではなく会社や家族にまで取り立てがいくこともあります。また、この取り立てに関しても精神的に厳しいものを課すことが多くなっています。そのため、闇金でお金を借りてしまうことで厳しい取り立てにあってしまうことがあります。また、闇金は正規の貸金業者ではないのでヤクザや反社会的組織が取り立てに来ることも珍しくありません。

利息が高額

闇金は正規の貸金業者ではないので貸金業法に定められている利息よりも高額な利息を取ることがあります。また、闇金は高額な利息をとって元本を減らさないことで利用者から半永久的に利息を取り続けるということもあります。また、闇金の利息に関しては高額なことは承知な上でお金を借りることが多いです。そのため、高額な利息に対して文句をいうことができないというのも事実です。また、闇金のバックにいる組織を恐れて弁護士や警察などに相談することができないことも多いです。

社会的な信用を失うことがある

闇金は自宅のみではなく会社や家族のところまで来ることも多いです。自宅のみなら自分のところのみで収まりますが会社や家族のところに取り立てが行くと闇金でお金を借りていた事実がバレることになります。日本では闇金に対するイメージが悪く闇金からお金を借りている人に対してもイメージが悪いことが多いです。そのため、闇金からお金を借りていることがバレることで社会的な信用を失うということも多いです。

まとめ

ブラックリストに掲載されてしまいローンや借金をすることができなくなり仕方なく闇金に手を出してしまうという人は多いと思います。しかし、どんなに苦しくても闇金に手を出すのはやめましょう。闇金に手を出してしまうことでただでさえ苦しい状況がさらに苦しくなってしまう原因になります。このように闇金に手を出してしまうとメリットよりもデメリットが圧倒的に多くなっています。そのため、闇金には手を出さないようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アーカイブ