ブラックでも審査通過!ブラックの方でも作れるクレジットカード

ブラックでも審査通過!ブラックの方でも作れるクレジットカード
ブラックでも審査通過!ブラックの方でも作れるクレジットカード

ブラックでも審査通過!ブラックの方でも作れるクレジットカード

ブラックリストに掲載されていてもクレジットカードを作ることができる可能性というものはあります。基本的にはブラックリストに掲載されてしまうとクレジットカードを作ることはできません。しかし、クレジットカード会社の方針によってはクレジットカードを作ることができる可能性もあります。ここでは、ブラックリストに掲載されていても作ることができるクレジットカードについて紹介していきます。

ブラックリストに載っているとクレジットカードを作れない理由

ブラックリストに掲載されていることでクレジットカードを作ることができない理由について知っていますか?ブラックリストに掲載されていることでクレジットカードを作ることができない理由は簡単です。クレジットカードが一時的な借金を可能にするカードだからです。一時的な借金を可能にすることで信用情報に傷があるブラックリストに掲載されている人に対してはクレジットカードを作ることができないことが多くなっています。

ブラックリストでも作ることができるクレジットカードのポイント

ブラックリストに掲載されていても作ることができるクレジットカードというものがあります。このようなクレジットカードには特徴があります。ここでは、ブラックリストでも作ることができるクレジットカードについて紹介していきます。

審査が甘い

ブラックリストに掲載されているとクレジットカードを作ることができないというのはあくまでもカード会社に基準になります。そのため、審査の甘いクレジットカードの場合は審査が甘いのでブラックリストに掲載されていても作ることができるクレジットカードというものがあります。このように審査の甘い会社のクレジットカードを作ることでブラックリストに載っている人でもクレジットカードを作ることが可能になっています。

無料カード

クレジットカードの中には年会費のかかるクレジットカードと年会費が無料のクレジットカードがあります。ブラックリストに掲載されている人でも作ることができる可能性の高いクレジットカードは年会費無料のクレジットカードになります。年会費無料のクレジットカードに関しては審査が甘いこともありブラックリストに掲載されている人でも作ることができる可能性が高くなっています。

家族カード

クレジットカードには自分で作成しなくても家族の信用を元に作成することができるクレジットカードがあります。家族カードと言われるこのクレジットカードは本人の信用情報がブラックリストでも家族の信用を元に作成されているのでブラックリスト掲載者でも作成することが可能なことが多いです。そのため、どうしてもクレジットカードが必要な場合は親や家族の家族カードを作成させてもらい使うようにしましょう。

ハウスカード

ハウスカードと言われるクレジットカードもブラックリストに掲載されている人でも比較的作りやすいクレジットカードになります。ハウスカードとは基本的にお店が作るクレジットカードになっており、販売元に会社で買い物をすることを前提に作成されたクレジットカードになります。そのため、ブラックリストに掲載されている人でも審査を通過することができる可能性が高くクレジットカードを作りやすくなっています。

ブラックリストに載っていても作ることができる可能性のあるカード

ここでは、ブラックリストに掲載されていても作ることができる可能性の高いクレジットカードについて紹介していきます。

楽天カード

楽天カードは日本で一番発行されているクレジットカードで年会費が無料になっています。また、他のクレジットカードよりも審査が甘いことでも知られています。そのため、ブラックリストに掲載されている人でも比較的簡単に審査に通過しやすくクレジットカードを作ることができる可能性が高くなっています。しかし、あくまでも可能性が高いということなので必ずクレジットカードを作成することができるというわけではありません。

エポスカード

エポスカードは丸井で作ることができるクレジットカードになります。エポスカードはハウスカードの中でも審査のゆるいカードとして有名なカードです。そのため、ブラックリストに掲載されていても作成することができるクレジットカードになります。

三井住友カード RevoStyle

三井住友カード RevoStyleは三井住友カードが発行しているクレジットカードになっています。この三井住友カード RevoStyleがブラックリストに掲載されている人でも作りやすいカードになっています。というのも、三井住友カード RevoStyleは通常のクレジットカードではなくリボ払い専用のクレジットカードになります。リボ払いに関してはクレジットカード発行会社の利益率が高くなることからブラックリストに掲載されている人でも作ることができるように発行会社が積極的に動くことが多くなっています。

ライフカード(デポジット)

ライフカードにはデポジット型のクレジットカードになります。ライフカードの場合は申し込みの際に年会費と限度額分の金額を事前に入金する必要があります。そのため、信用情報に傷をついていても問題なく発行することが可能になっています。しかし、デポジットカードなので通常のクレジットカードのようにお金がなくても使うことができるということがないのでクレジットカードとデポジットカードの間のような存在になっています。

ブラックリストでもクレジットカードを作るコツ

ブラックリストに掲載されている人でもクレジットカードを作ることができるコツというものはあります。ここでは、ブラックリストに掲載されている人でもクレジットカードを作ることができるコツについて紹介していきます。

キャッシング枠を設定しない

クレジットカードの場合は申し込みの時にキャッシング枠を設定することができます。しかし、ブラックリストに掲載されている人がキャッシング枠を設定してしまうと審査に通らないことが多くなっています。特に、キャッシング枠に関してはブラックリストに掲載されていない人でも審査に通らないことがあります。

固定電話の番号を書く

クレジットカードの申し込みを行う時には電話番号を書くところがあります。この際に携帯電話の番号のみではなく自宅の固定電話の電話番号を書くことで信用を得ることが可能になることが多いです。そのため、ブラックリストに掲載されている人でも比較的クレジットカードを作ることができる確率が高くなります。

複数の会社に同時に申し込みをしない

複数の会社のクレジットカードを同時に申し込んでしまうと審査に落ちてしまう可能性があります。複数のクレジットカード会社に同時に申し込んでしまうと信用情報にその情報が記載されることになります。そのため、信用を得ることができなくなりクレジットカードを作ることができないことが多くなっています。

デビットカードという手もある

クレジットカードではなくデビットカードを作成するという手段もあります。デビットカードは口座の残高に連動したカードなので口座を持っていれば作成することができます。

信用情報がいらない

クレジットカードと異なりデビットカードの場合は信用情報を使っていないことが多いです。信用情報を使っていないのでブラックリストに掲載されていてもカードを作ることができる可能性が高くなっています。また、デビットカードはクレジットカードと同様に使うことができます。

クレジット枠がない

デビットカードにはクレジット枠がそもそも設定されていません。そのため、信用情報に傷がついているブラックリスト掲載者でも作ることができます。

子供でも作れる

デビットカードは口座を持っていると作ることができます。そのため、子供でも作ることができるほど審査がゆるいカードになります。

デビットカードに関してはクレジットカードと同じように使うことができるカードにもかかわらずブラックリストに掲載されていても作成することができます。

まとめ

ブラックリストに掲載されていることでクレジットカードを作ることができないと考えている人も多いと思います。しかし、ブラックリストに掲載されていても作ることができるクレジットカードというものは存在します。そのため、ブラックリストに掲載されている人も気にすることなくクレジットカードの申し込みをしてみるといいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アーカイブ