信用情報を管理している3つの機関をまとめて紹介

信用情報を管理している3つの機関をまとめて紹介
信用情報を管理している3つの機関をまとめて紹介

信用情報を管理している3つの機関をまとめて紹介

信用情報は金銭関係のことを行う時に使われるものになります。信用情報によって金融機関などは借主のことを判断します。そのため、信用情報は非常に重要なものになります。しかし、信用情報について知らない人も多いと思います。実は、信用情報を管理する機関には3つの機関があります。この3つの機関は使っている会社などが異なるため統合されることなく残っています。ここでは、信用情報を管理している機関について知らない人でも簡単にわかるように信用情報を管理する3つの機関について紹介していきます。

信用情報とは?

信用情報機関と言われてもそもそも信用情報についてそこまで詳しく知らないという人も多いと思います。ここでは、信用情報とはどのようなものなのか、何に使われるものなのかについて紹介していきます。特に、信用情報は個人で扱うことがなく信用情報を使うことができる会社にいないと触れることも少ないと思います。

個人の信用を図るもの

信用情報とは個人の信用を測るものになります。銀行や金融機関などは個人に対してお金を貸すことができるかなどを判断する基準にしています。信用情報に傷がついていると金融機関から信用を得ることができずにお金を借りることができないということも多いです。特に、ローンの場合は厳正に審査がされるので信用情報に少しでも傷があるとお金を借りることができないこともあります。

ブラックリストの基準

信用情報を作成している機関はブラックリストを作成することも可能です。ブラックリストとは信用情報に傷がある人のことを指します。返済の遅延や返済がなされていない借金がある場合には信用情報に傷がつくことがあります。特に、返済していない場合は確実に信用情報に傷がつくことになります。この信用情報に傷がついている状態がブラックリストなので信用情報は非常に重要になります。

クレジットカードの作成時に必要

信用情報は金融機関のみではなくクレジットカード発行会社でも必要になります。クレジットカードは利用者を信用してお金を貸しているものになります。そのため、クレジットカード発行会社も信用情報を使うことができます。クレジットカードを新規に発行する際にも信用情報が必要になるので気を付けるようにしましょう。

日本信用情報機関(JICC)

日本信用情報機関(JICC)は消費者金融が元になって作成された信用情報機関になります。日本信用情報機関(JICC)では他の信用情報機関に比べて消費者金融などで信用情報として使われることが多くなっています。そのため、日本信用情報機関(JICC)での情報は消費者金融を使う時には重要になります。

使っている会社の種類

日本信用情報機関(JICC)の信用情報を使っている主な機関は消費者金融・クレジット会社・信販会社・保証会社・リース会社・銀行になります。特に、この中でも消費者金融の比率が非常に高くなっているのが特徴です。

主な利用会社

 (株)アークファイナンス
 (有)アーバン・サポート
 アーバンライズ
 アーユー(株)
 アイ・アート・アセット(株)
 アイアム(株)
 (株)アイカム
 アイクレジット(株)
 アイコム
 (有)アイサポートセンター
 アイシン
 アイ信販(株)
 アイ信販
 アイセイクレジット
 アイタ
 愛知和光商事(株)
 アイフル(株)
 (有)アイベックス
 (株)アイム
 (有)アイリス
 (有)アオイ
 (社)AOKIグループ共済会

指定信用情報機関(CIC)

指定信用情報機関(CIC)はクレジットカード会社が元になって作られた信用情報機関になります。そのため、他の信用情報機関に比べてクレジットカード発行会社が信用情報として使っていることが多いです。

使っている会社の種類

指定信用情報機関(CIC)の信用情報を使っているのはクレジット会社・信販会社・保証会社・リース会社・銀行・保険会社・携帯電話会社になります。そのため、指定信用情報機関(CIC) の信用情報はクレジットカードを新規発行する時には重要になります。

主な利用会社

 (株)イオン銀行
 (株)池田泉州JCB
 (株)池田泉州DC
 (株)池田泉州VC
 (株)井筒屋ウィズカード
 イデアカード(株)
 出光クレジット(株)
 (株)伊予銀行
 (株)いよぎんディーシーカード
 (株)いよてつカードサービス
 (株)いわぎんクレジットサービス
 (株)いわぎんディーシーカード
 (株)岩手銀行

全国銀行協会(KSC)

全国銀行協会(KSC)は名前からわかるように銀行が中心になって作られた信用情報機関になります。そのため、銀行では全国銀行協会(KSC)の信用情報を一番重要視する信用情報として使うことが多いです。

使っている会社の種類

全国銀行協会(KSC)の信用情報を使っている機関は銀行・信託銀行・信金用金庫・信用組合・農協などがあります。この中でも特に銀行の利用率が高いのが全国銀行協会(KSC)の特徴になります。

主な利用会社

 auじぶん銀行
 永平寺町農業協同組合
 永和信用金庫
 SMBC信託銀行
 SMBC信用保証
 SDP
 SBJ銀行
 越後おぢや農業協同組合
 越後さんとう農業協同組合
 えちご上越農業協同組合
 越後中央農業協同組合
 越後ながおか農業協同組合
 越前信用金庫
 越前たけふ農業協同組合
 越前丹生農業協同組合
 愛媛銀行
 愛媛県信用漁業協同組合連合会
 愛媛県信用農業協同組合連合会
 愛媛県農業信用基金協会
 愛媛信用金庫
 愛媛たいき農業協同組合
 えひめ中央農業協同組合
 えひめ南農業協同組合
 遠軽信用金庫
 遠州信用金庫
 遠州中央農業協同組合
 遠州夢咲農業協同組合
 えんしん信用保証

CRINで信用情報は共有される

信用情報を管理している日本信用情報機関(JICC)・指定信用情報機関(CIC)・全国銀行協会(KSC)の三社間で個人の信用情報が共有される仕組みがあります。それがCRINと言われる仕組みになります。しかし、CRINでは全ての信用情報が共有されるわけではなく限られた情報が共有されることになります。ここでは、CRINで共有される情報と共有されない情報について紹介していきます。

共有される内容

CRINで共有される内容には以下のようなものがあります。

個人情報:氏名や電話番号等
契約内容:契約日、契約額等
支払い状況:異動発生日、契約の終了状況等
申告した内容:身分証の紛失等

共有されない内容

CRINで共有されない内容として主なものとしては貸付残高や申し込み情報になります。これらの情報に関しては三社間で共有されることなくそれぞれの信用情報機関のみで確認することが可能になります。

FINEもある

日本信用情報機関(JICC)と指定信用情報機関(CIC)では二社間の共有の仕組みが構築されています。それがFINEと言われる仕組みになります。このFINEではCRINでは共有されなかった貸付残高なども共有することが可能になっています。そのため、日本信用情報機関(JICC)と指定信用情報機関(CIC)では相互に情報を共有することができる仕組みがあることも抑えておきましょう。

三者の情報まとめ

信用情報を管理している日本信用情報機関(JICC)・指定信用情報機関(CIC)・全国銀行協会(KSC)の三者の情報を簡単にまとめて紹介します。

登録機関 CIC JICC KSC
61日以上延滞 5年 1年 5年
3か月以上連続延滞 5年 5年 5年
強制解約 記載なし 5年 5年
債務整理(任意整理・特定調停・個人再生) 5年 5年 5年
自己破産 7年 5年 10年
代位弁済 記載なし 5年 5年
使用機関 JICC CIC 全国銀行協会
消費者金融
クレジット会社
信販会社
保証会社
リース会社
銀行
保険会社
携帯電話会社
信託銀行
信金用金庫・信用組合
農協

まとめ

日本には信用情報を管理する信用情報機関として日本信用情報機関(JICC)・指定信用情報機関(CIC)・全国銀行協会(KSC)の三つがあります。この日本信用情報機関(JICC)・指定信用情報機関(CIC)・全国銀行協会(KSC)ではそれぞれ違いがあります。そのため、自分が信用情報を使う時にどのような機関を使うのかで信用情報の種類がことなることを覚えておきましょう。この記事を読むことで日本信用情報機関(JICC)・指定信用情報機関(CIC)・全国銀行協会(KSC)の三社間の違いが分かります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アーカイブ